コース便り  令和2年度

 

 

 

ani1

 

 

 

7月

9月@

9

10

11月@

11

12

2

 

 

2020                        九州幼児教育センター・M教員養成コース

 

 

 

コ ー ス だ よ り  12月号

  

年末年始は公私共に多忙な時期だと思いますが、一年次に学んだことをまとめる時期に差しかかっています。計画性を持って、理論・実践共に復習と整理に取り組む必要があります。子どもにとっての良い助け手になるためには、今は教具に手を触れて練習をする

ことが大変重要です。子どもの困難点や気持ちに寄り添いながら、動きや速度・見せ方を工夫しわかり易い言葉を吟味するなど、具体的な配慮を心がけた質の良い練習が求められます。

 

 

理 論 講 義

 

                                             

           

    

/

 十進法とその表記

藤 原 江理子

/

特別講義 『発達支援のニーズのある子どもと

       家族への理解と支援』

古 賀 聡

 

 

実 践 提 示

 

     数 

提示 :

十進法への導入

位取りの紹介:a)ビーズの紹介 b)カードの紹介 c)ビーズとカードの一致

数の構成:たて a)ビーズによる b)カードによる c)ビーズとカードの一致

     よこ ビーズとカードの一致

連続数

セガン板T:a)ビーズの紹介 b)セガン板Tの紹介 

c)ビーズとセガン板Tの一致

 

セガン板U 

 

 

日常生活 

提示 :

花の水切り、アイロンをかける、野菜を切る、お茶を煎れる、

掃く、物の受け渡し、線上歩行U、静粛     

 

ワンポイントアドバイス

 

 

実践 

 数(藤原江理子

  十進法では、教具に具現化された十進法・位取りの原理・十進位取り

記数法といった、数の仕組みをしっかり整理して下さい。

1)数の構成は各段階を何度も繰り返して行い、数詞・数唱・総称の

意味を、指差しなどの動きと結びつけて正確に理解しておくこと。

・実質的な数量は数唱した後、必ず指を指して総称します。

ただし、ビーズを個数・本数・枚数でとるときは、位の数え方では

ないので総称はしません。

・数量を扱うときは、ビーズを取る動きと数える音声が正確に一致

するように、動きと発語のタイミングに注意が必要です。

・ノートを書くときは、数を構成するのか、確認するのか、数唱する

のか、数量を数詞でいうのか、数字を読むのか等の行為を表す言葉

は正確に使い分けましょう。

2)セガン板はただ序列に数えるだけの作業ではありません。練習時は

動きと数詞を一対一で対応させながら、正確に数えましょう。

・セガン板Tは11から19までの序列を知るためにスタートは11

・セガン板Uは10以降1ずつ増えて11から19の序列になる証明

であり、繰り上がって2030と繋がっていく仕組みを示すので、

スタートは10になります。

 

 

 

 日常生活(古川健一)

日常生活課程において 自分自身のみづくろいができ、道具(物)を

適切に扱えるようになったとしても、それが他者との不調和になるなら

ば、それは社会に適応すると言えません。 

  社会への適応とは、自分の行動が自分にとっても他者にとっても喜び

であること、つまり、人の役に立つことです。第3グループは、他者へ

の配慮、挨拶など社会への適応のためになされますが、それは、モンテ

ッソーリ教育のめざす「真の自立」のためです。 

その「真の自立」のためには生活手段、運動と調節を身につけるだけでなく、精神が肉体を完全にコントロールしていることが必要です。今回の「花の水切り」「アイロンをかける」「野菜を切る」「お茶をいれる」の作業は危険を伴う作業ですが、精神の発達に適しています。精神を

目覚めさせる感覚に働きかける要素がたくさん含まれています。 

   精神が肉体の主になる時、究極の動きである「止まる」ことも可能に

なります。本能で生きる、動物と違い、唯一人間は意志の力、精神の力で自分の動きを止めることが出来る知性を持っています。止まることで、回りから発せられる音、声を聞きわけることができるだけでなく、自分自身から発する内なる音まで聞くことが出来ます。体から発せられる

かすかな音を聞くには、その空間にいるすべての者が聴くという目的に精神を向ける努力をしなければ、到達ができないのです。運動の調整のための集団的練習に第4グループの静粛でつくられる静けさがありますが、それは一人が「止まる」だけでは、作れません。その場にいる皆が

精神の力で「止まる」ことを協力し、共有することによって生み出されます。日常生活において「止まる」ことは究極的な動きとして大切な事なのです。 

 

理論 −

 十進法とその表記(藤原江理子)

十進法とは十を一つのまとまりとして捉える数え方で、一つの位は

前の位の十倍で構成されています。書き表すときには、位取りの原理に

基づいた「十進位取り記数法」を用います。この段階になると0は単に

何もないことを表すのではなく、位が存在することを示す大切な表記で

あることがわかってきます。位は「いち」を基準に左へ移動するほど

大きくなり、「じゅう」「ひゃく」「せん」…と命名されています。この

位取りの原理は十進法にだけ用いられるわけではなく、他の進法にも

共通した仕組みです。

十進法と位取りの仕組みを、数量を表すビーズと位毎に色分けされた

数字カードで感覚的かつ具体的に伝えているのが、『位取りの紹介』

です。講義では、十進法は数ある数え方のうちの一つでしかないことを確認しました。十進法で数える時のみ、「9」の次が「10」なのであり、01〜9の10種類の数字を用いるのも十進法だけです。

十進法は私たちの生活に深く浸透していますが、唯一絶対の数え方ではありません。しかし一つの進法の仕組みを深く知ることで、他進法で構成される数世界の存在も、十進法と同様に受け入れられるようになることでしょう。

 

 

特別講義 「発達支援のニーズのある子どもと家族の理解と支援」

九州大学大学院人間環境学研究院の古賀聡准教授をお迎えして、

保育現場で向き合う発達支援の悩みや質問にご示唆を頂きました。

異なる事情を抱えた子どもや大人の気持ちを考え、気持ちに寄り添うことの大切さや難しさを思いやる機会を頂きました。

特別支援の「特別」は子どもにかかるのではなく、関わる教師こそ

  特別であり、特別な支援のすべを持つという先生のお言葉は、モンテ

ッソーリ教育に取り組む私たちの大きな励みになりました。

 

 

 

 

 

 

 

神父様からのクリスマスメッセージ

 

クリスマスはイエス・キリスト(救い主)の誕生をお祝いする日です。このお祝いの日は大事ですが、この日を迎えるための準備期間をどのように過ごすかは、もっと大切なことなのです。 

 

 準備の一つとして、教会ではクリスマス前の4週間アドベントクランツという4本のろうそくを日曜日ごとに一本ずつ増やして点灯していきます。点灯されるごとに「希望」であるクリスマスが近くなってきたと感じる事ができるのです。 

 

 もしかしたら、今、課題の多さに先が見えない不安で暗闇の中を歩いているような状態かもしれません。でも一つでも小さな課題を完成させた時、小さいかもしれませんが希望の光を一つ灯すことができるのです。その小さな光を一つ一つ灯し続けるなら、これは大丈夫という、自分に対して自信と心に平和が生まれるでしょう。センターの講義室の入り口には「涙のうちに種蒔く人は喜びのうちに刈り取る」(詩編126)という言葉が掛けられています。希望して歩み続ける限り今の苦労が喜びに変わる時が必ずきます。そして、その喜びは子ども達への愛、配慮に変えられていきます。 

 

 大事な事は何か?あきらめない限り、希望の灯は消えるどころか、その灯は確実に増え、大きくなっていくことです。もう、間に合わないかもしれないと思っていませんか? 

クリスマスの馬小屋にあとから登場する人物達がこれについて教えてくれています。

これらの登場人物たちがなぜ、道に迷わず、救い主の場所にたどり着いたか?それは星が導いてくれたからです。星のすぐそばにいた羊飼い達は、目的であるイエスさまに、すぐたどりつきました。その一方、東方の博士達は、はるか遠い国から、一歩一歩、歩み続けていつかその星の下に、辿り着けると信じて、歩みをとめませんでした。そして、最後にイエスさまに会うことができたのです。私たちの、学びもそうです。今、一歩を歩みだすこと、そして、歩み続ける事が大切なのです。 

 

 救い主がインマヌエル(神は共におられる)といわれるように、希望に向かって歩む人と一緒にいてくださいます。必要な人をも日々送ってくださっています。そんな希望をたくさん灯せるクリスマスになるようにお祈りしています。皆様にとってよいクリスマスとなりますように。 

 

古川健一 神父