九州幼児教育センター

 

           

 

 

 

 

 

 

 

1974年1月

日本モンテッソーリ協会理事会に届出

 

 

19744

光の園保育園(福岡市)において

「九州幼児教育センター」発足

 

 

19753

同保育園で、センター1期を送り出す

 

 

1975

センター所長、及びモンテッソーリ支部役員の外国への

研修出張の為、一時閉所

 

 

1976

聖ヨゼフ幼稚園(北九州市)において再開

センター第2期生を送り出す

 

 

1978

聖ヨゼフ幼稚園(北九州市)において

九州幼児教育センター

モンテッソーリ・教員養成トレーニングコース 開講

コース第1期生募集

 

 

1987年〜

九州幼児教育センターが宗像市に移転、

10期生以降、コース専用施設にて教員養成を継続現在に至る

 

 

 

 

 

 

 

 

現代社会の急激な変化と、それに伴う多様な価値観の交錯する中で、幼児教育界は、

1)幼児は、環境を通して教育されること

2)教師中心の教育から脱して、子どもの自主性・自発性を重んじ、その発達を援助することを

目指して試行錯誤しているのが現状です。

  その中で、モンテッソーリ教育は注目され続けています。

なぜならモンテッソーリ教育は、幼児教育の重要なポイントとして次の2点を、一貫して

行ってきているからです。

@内的生命の発達の為の援助:

子どもの内的生命の発達のために、子ども自身の自己教育力、自立へ向かう衝動を 

正しく援助する。

A環境の準備と整備:

内的生命には、適当な時期に、適正な外的刺激が重要である。このため、子どもが

自ら外的刺激を求め、その体験を通して自己発達できるよう、子どもから学んだ環境を

準備・構成する必要がある。

モンテッソーリ教育は、今日まで約100年にもわたる研究が積み重ねられ、

今日でも各国で確実な実績をあげています。

モンテッソーリ教育の真髄に接し、この教育の具体的なあり方を探ることは急務だと

考られます。

モンテッソーリ教育研究の中心的存在である教員養成トレーニング・コースの

課題と使命は、今までより一層重要であると言えるでしょう