当センターの感染症予防対策について

 

 

 

【センターの基本方針】

 

 

01540

 

センターには現在、北陸・関西・中国・九州全域からの学生が在籍し、下記のような実情です。

 

@     センターの学生のほとんどが乳幼児期の子どもと接触する現場で働いている。

A     モンテッソーリ教育の形態上、実習現場やセンターにて、一つの教具を大人数で共有する機会が多い。

B     学習や実習のために県外への移動が多く、公共交通機関や宿泊施設を使う機会が避けられない。

 

このような状況下で本人の感染はもちろん憂慮すべきことですが、センターとしては、学生が自ら気付かないうちに媒介者となり、保育現場で子どもたちとそのご家族に感染を広めることがあってはならないと考えています。

 

当センターの基本的な考え方は「うつらない・うつさない」ことであり、そのためには一人一人が自己防衛と他者を守ることは同じことと捉えて、責任ある社会参加をすることを重要視しています。

 

 

 

【トレーニングコース本科生】

 

 

01541

 

学習の実施に際しまして、センターでは徹底した感染予防対策を行います。

令和二年度現在、感染拡大が危惧されているCOVID-19の予防対策として、下記実施致します。

 

1)授業は学生または参加者・スタッフ・職員全員がマスクを着用して行います。

2)参加者全員に検温を奨励し、毎朝確認を行います。自分の基礎体温を把握し、基礎体温より1℃以上高い場合は改善がみられるまでの期間を自宅もしくは宿泊所で待機して下さるよう要請します。

3)館内の全員が教室・事務室・トイレへの入退室の際は、必ず手指の消毒を行います。座学は窓や扉を開放して徹底的に換気に努めます。実践授業は、作業のたびに手指の消毒を行い、練習は二部屋に分けて行います。

4)授業はなるべく1時間程度で区切り、室内の空気を入れ替えるよう努めます。 

5)使用する教具はすべて、毎日使用前後にアルコールを用いて除菌します。

6)事務局は午前と午後にトイレ・ドアノブ・流し台・手すり等の消毒を行います。

 

 

【養成コース2年生】

 

 

01542

 

 授業については1年生と同じ対策を講じます。

 

これまでの実習の際には、感染の可能性がないと判断できた学生には、1週間分のマスクと消毒・殺菌スプレーの持参を指示した上で実習させています。また実習園と連絡を取り、実習先でインフルエンザ他感染症の発症報告があった場合は、まず実習園の指示に従うことや、その後センターと実習園の間で実習の継続や変更について協議することを確認しています。