Montessori Directorは一日にして成らず』

 

  ■第6 

 

6回 「“楽しさ”の在処」A

 

そういえば、本科コースの1週間を終えた僕は、前職(高校教諭)に採用された時、その初任者研修で繰り返し言われたある言葉を思い出しました。

「初任者であろうとベテランであろうと、生徒にとっては同じ教師だからそのつもりで教壇に立て。」

当時の僕は、「確かにそうかもしれないけど、それは些か乱暴すぎやしませんか?」と思っていました。

たった今歩き始めたぴよぴよの一年目と三十年の経験者が同じであれるわけがない。そんな無茶を言われても困る。どちらかと言えば反感に近かったかもしれません。

 

けれど今になってみるとそれは、ベテラン教諭と同等の授業を展開することが求められていたわけではなく、本気でこの道のプロとして立つという意志や、そのための自己研鑽に向かう姿勢、そしてそれを継続していく覚悟があるのかどうかを問われていたのではないかと思うのです。

 

僕はモンテッソーリ教師の資格を取得しました。

本科コースに出願した2年前の僕は、間違いなくこの場所を目指していました。

そして今、ようやく辿り着いてみると、ここにあるはずのゴールテープはどこにも見当たりません。

ディプロマ取得のために費やした二年間は、控えめに言って、めちゃくちゃ苦しかった。しかも、その苦しさは資格取得を機に免れるものではなく、この道を進むための準備運動でしかなかった。

この道を進もうとする限り、きっと新たな苦しさが絶え間なく訪れる。

それでもこの道を進んでみようと僕は思う。

なぜなら僕は、人生にはそんな楽しみ方もあることを知ってしまったから。

苦しさを乗り越えた先で、涙とともに歓びを噛み締める楽しさ。

教員養成コースで、僕はそれを教わりました。

今、こんなふうに思える僕へと導いてもらったことを僕はうんと感謝しているし、いよいよこれからは僕がそれを示し続けていく番がやってきたようです。

 

意気込みも新たに颯爽と歩き始める僕。

次の瞬間・・・センター中に響き渡るのは、泣く子も黙るゴジラの雄叫び。

 

「こりゃ〜あっ! まつもとぉっっ!!」

 

僕は不穏な気配を察知します。全身から噴き出す嫌な汗。恐怖で膝が震えます。

涙目でうずくまる僕に、容赦なく火を噴きながら近づく足音。

デデデン デデデン デデデデデデデデデン(←ゴジラのテーマ)

もう、生きた心地がしません。

・・・やっぱり、僕も逃げ出したい。かも。

 

 

 つぶやき足りないので…もう少し