11/2 講師の先生のレジュメをアップしました。 

募集中です  開催案内・申込書のダウンロードは こちらから 

           

 

 

モンテッソーリ・フィールドチャレンジ 〜MF2018』 

子どもの環境 ’としての社会

 

 

 

開催のご案内

                

 

2006年にモンテッソーリ教育の理論研修の場として産声を上げたこの企画は、皆様のご支持のお蔭をもちまして

今年まで回数を重ねて来ることができました。心より感謝申し上げます。

モンテッソーリ教員には、モンテッソーリ教育法に留まらない広い視野と深い見識が必要です。それは、社会の

一員として生きる子どもの現況を正確に捉え、日々変化する子どものニーズを考察しなければならないからです。

学んだ提示を形骸化させないためには、教師自身が学び続けなければなりません。子どもの変化に合わせて、柔軟

に変えるべきものと普遍的に変えるべきでない教育の根本を見極める目を養うことが大切です。

この研修会でお招きする講師の先生方は、努めてモンテッソーリ教育の専門家だけに偏らないようにしています。

独自のご専門を御研究され極めておられる先生方の異なる分野からのアプローチは一見、モンテッソーリ教育とは

無関係なものにみえるかもしれません。しかし、専門を極めた方々の視点こそが意外にもモンテッソーリ教育法の

抱える課題や素晴らしさをつまびらかにし、私たちに新たな気づきを与えてくださるのです。その発見こそ、この

研修会の醍醐味といえるのではないでしょうか。

今回も内容のより一層の充実と、一人でも多くの皆様にご参加いただける研修を目指して、一講演ずつ受講でき

るように二部制と致しました。研修初日の第一部は、日本モンテッソーリ協会(学会)会長にご講演をお願い致しま

した。現在の日本のモンテッソーリ教育を牽引する協会(学会)を代表する前之園先生のお話は、全国大会や各コー

スなどのごく限られた場所でしか企画されないので、私たちにとっては大変貴重な受講機会となるはずです。

二日目には、社会学がご専門の奈良女子大学の石川実名誉教授にご登壇いただきます。最小単位の社会である

家庭での子供と大人のかかわりの変遷と課題は、社会学の観点に留まらず、モンテッソーリ教育法においても熟慮

すべき問題を提起してくださることでしょう。

    二年に一度モンテッソーリ教育の理論を多角的に深める機会です。どうぞ、お誘いあわせのうえお気軽にご参加

ください。お待ちしています! 

 

 

 

開催日  : 20181123(金・祝)24日(土)  

会 場  : TKPガーデンシティPREMIUM博多駅前

主 催  九州幼児教育センター / 後 援  日本モンテッソーリ協会(学会) 九州支部