”子どもの環境“としての社会

前之園 幸一郎

 

モンテッソーリは、その著書『教育と平和』において子どもは人類の未来の希望であり

人類の調和と一致への導きの灯であると述べています。しかし同時に、子どもは絶えず大

人による無意識の抑圧のもとにおかれており、大人と子どもとの間の目に見えない戦争の

被害者であるとも述べています。子どもの教育をめぐってモンテッソーリが先ず考えたの

は、人間は生きものであるとの素朴な事実でした。そこから「本来人間は自然の一部に属

しており、特に子どもは心身の発達のために自然を必要としている」(『モンテッソーリ・

メソッド』)とのモンテッソーリ教育の根本原理が生まれます。モンテッソーリによると、

子どもは自然によって定められた内部に備わっている独自の発達のプログラムに従って、

自ら個性的な人格の形成を遂げつつあります。したがって彼女によると、教育とは子ども

が自ら行う人間の建設を背後から見守り、必要に応じて援助することにあります。

 今日、私たちは科学技術の発展とともに快適で便利な生活を享受しております。食事一

つをとっても、誰でも、速く、手を抜いて、思い通りにおいしい即席料理を作ることがで

きます。私が毎週利用している東京の地下鉄、都営大江戸線の西新宿駅はエスカレーター

を三回乗り換えて地下に深く降りて行きます。まるで潜るようにして地下36.6メートルに

あるホームにようやく到着します。後発の路線であるために従来の地下鉄の更に下方の深

い地底に建設されたからです。その地下ホームは人工照明のために明るくて夜か昼かの区

別がつきません。さらにその閉鎖された地下空間は精密な空気の換気調節が必要なために

一定の気温が設定されています。そのため季節にかかわらず快適な環境になっています。

 ふと考えてしまいます。科学技術は絶えざる進歩、効率性、均一性、大量生産の追求を

原理として人間の日常生活を大きく変貌させてしまいました。私たちは快適さ、便利さ、

豊かさなどの進歩と引き換えに本来生きものである人間の自然本性にもとづく姿から遠ざ

かり、かけ離れつつあります。多様性に満ちた人間の発達には時間と手間がかかります。

子どもが個性的な人格の建設に集中するためには発達のプロセスにゆっくりと時間をかけ

ねばなりません。人間の形成は工業製品のような均一性ではなく多様性に満ちたな個性の

存在を尊重することが出発点になります。今日の社会において「子どもの環境」を考える

場合の主要な視点は、科学技術の思想が目指す進歩の方向ではなく自然に属する生きもの

としての人間に向けられなければならないと思われます。ここで改めてモンテッソーリの

宇宙的視点が問題になると考えます。私たちにとっての緊急の今日的課題はいかにして生

きものである子どもの自然を回復するかにあるのではないでしょうか。

 今日、子どもの虐待が社会的な問題として取り上げられております。虐待には、身体的、

心理的、性的虐待、あるいはネグレクト(無関心)による虐待など様々な実態があるとさ

れています。痛ましい虐待事件の一つとして思い起こされるのが東京の目黒区で起きた5

歳児船戸結愛(ゆいあ)ちゃんの死亡事件です。この5歳児は覚えたばかりのひらがなを

使って「もうおねがいゆるして ゆるしてください おねがいします」とノートに文字を

残していました。この事件の悲惨さは世間の注目を集めました。朝日新聞の歌壇には「叱

られてしかられてなお親が好き ゆるしてください ひらがなの文字」(岡元稔元)、「五歳

児の覚えた文字で父母に乞う <ゆるしてくださいおねがいします>」(矢田紀子)、「五歳

児の使う言葉じゃないんだよ 心ふるえる<ゆるしてください>」(せきあい子)、そして

「君は何も悪いことなどしてないと か細き体抱きしめたきに」(安達三津子)など結愛(ゆ

いあ)ちゃんを悼む短歌が多く寄せられています。

 東京都足立区こども家庭支援課の子ども支援センターで相談員をしている知人によると

上の事例は氷山の一角に過ぎないと言います。死亡事件に至らないまでも、明日の養育の

保障に欠ける子どもや、命が危機にさらされている子どもの緊急なケースの解決のために

相談員は日々奔走しているのが実情だとのことです。さて、それでは虐待や育児放棄は当

事者である親たちの個人的責任を糾明するだけで問題は解消するのでしょうか。

 生物学者で総合研究大学院大学長の長谷川真理子氏によると、ヒトは共同繁殖の動物だ

とされています。人間は共同繁殖でなければ子育てができない動物だと言うのです。ここ

にも人工的社会に生活する今日の人間と、自然に属する生きものとしての人間との本質的

な乖離の問題が潜んでいるように見えます。改めてモンテッソーリの宇宙的視点から、私

たちの社会のなりたちについて考えてみたいと思います。